1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:53:12 ID:qrU
そういえば私は中学3年生の頃(今から13年前)に、放課後 近くの児童センターに男友達でゾロゾロと寄り道してて遊んでて、、、
私はそこで小学1年の女の子を深く傷つけてしまったことがあった…。(詳しい内容については伏せることにします…)
( 児童センター = 放課後の小学生たちが遊んでいる施設 )

私が傷つけてしまったその小1の女の子 "Eちゃん" は、中学3年の私のことをとても慕ってくれていた。
(Eちゃんだけではなく、他の小1の子供たちもみんな私に懐いてくれた。私は子供たちと一緒に楽しく遊んでいた。
みんな私のことを名前呼び捨てで呼んで慕ってくれた。 …私以外の中3男子たちは子供と遊ばずにサッカーをしていた。 私は元々 子供が大好きなんだと思う。)

・・・
ある日 私は「やってはいけない事」をEちゃんに対してしてしまい、Eちゃんを深く傷つけ、、、
私は自分のしたことがとても怖くなって、それ以後 センターに行かなくなってしまった…。 
私のことを大好きでいてくれたチビッコのみんなと会うことは もう無かった…。

このことで私は自分のことを激しく責める様になったのかもしれない。その後10年間以上もずっと。
「オレはなんて最悪なんだ…。あんなにオレのことを好きでいてくれたEちゃんのことを傷つけて、恐怖心を植え付ける様なことをしてしまった…。オレは最悪だ…。」 って、深層心理でずっと自分を責め続けてきたんだと思う。

それによって、その後の様々な人間関係において慢性的に「オレは相手から嫌われている」という思い込みを私は抱く様になったのかも。(この出来事だけが原因ではないと思うけど)
2: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:53:32 ID:qrU
・・・
という経緯があって、私はここ最近までずっと子供と接するのが怖かった。 
「オレは最悪な人間だから絶対嫌われてる…」っていう自己否定感があるので、ビクビクして上手く話しかけられないんだ。傷つくのが怖くて。
でも1年前くらいから少しずつ近所のTちゃんととても仲良くなることが出来てきた私は今現在とても嬉しくて感動で、「こんなオレでも好きになってもらえるんだ…。そうか…もう自分を責め続けなくていいんだ…。」 
と自分を激しく否定する事をやめるようになってこれたと思う。 
これは『インナーチャイルドの癒し』そのものだよね。ありのままの自分を許すこと…。
確かに13年前私がしてしまった事はいけない事であり、二度としない様に心掛ける必要があると思う。
しかし一方で、もういいんだ、自分を責めなくて。自分を許していいんだ。 今までずっと自分を責めて苦しんできたから、もういいんだよ、苦しまなくて。

・・・
13年前に私が深く傷つけてしまった小学1年の女の子のEちゃんは今ごろ19歳だ。もう立派な大人になってるだろう。
もしかしたらあの時の心の傷を今現在も深層心理で引きずっているかもしれない…。人と接することに恐怖心を抱いているかもしれない…。 申し訳ない…と私は感じる。
いつか私はEちゃんに謝りたいと思ってる。この人生の中で再会する事はたぶん無いと思うけど、こう、何と言うか死んだあとで天国とかで再会して謝りたいなぁと思う。 和解したい。
まあでも、地球上にいる今この瞬間においても心の中で「本当にすまなかった…」と念じれば相手の深層心理にキチンと届くらしいから、謝ろう。何度も何度も心の中で。
既に私はEちゃんに対して心の中で何度も謝っている。今現在のEちゃんの深層心理に届いてくれてれば嬉しい。 
……そしてこの謝罪は私にとっても有意義なもので、「ごめんなさい…ごめんなさい…」 とフトンの中で言いながら私は泣いている。 
『涙を流している時 = インナーチャイルドが癒されている瞬間』であると私は思う。とても気持ちいいんだ。
Eちゃんに対して「ごめんなさい…」という言葉を発しながら同時に自分のことも許しているんだと思う。 
自分を許して、相手を許して、全てを許して…。
3: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:53:43 ID:9gK
長いし知らんしもういや!!!
4: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:53:46 ID:Kna
3文字で
5: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:53:48 ID:qrU
・・・
人間ってたぶん例外なく誰でも、意識的にしろ無意識的にしろ自分のことを責めているんだと思うから、こうやって過去の過ちに対して「ごめんなさい…ごめんなさい…」
って一人でフトンの中で泣きながら謝って、それによって自分のことを許していくのがすごく大切なんだと思う。
それはインナーチャイルドの癒しだ。
許していこう。自分のことも、相手のことも。
今現在、ニートである私の生活の中に『近所の小学1年生の女の子のTちゃんがオレのことを好きで懐いてくれている』という出来事があることは何だか意味深なメッセージの様な気もする。
神さまが「もういいんだぞ。『自分なんか最悪な人間だから人から好かれる資格なんて無いんだ』なんて思わなくて良いんだ。もう充分苦しんだじゃないか。これからは自分を許して愛していきなさい。」
っていうメッセージとして私とTちゃんを出逢わせてくれたのかなぁ(^_^) 私のことを好きでいてくれるTちゃんの存在に対して「ありがとう…ありがとう…」ってつぶやいて私は泣いている。

・・・
私とTちゃんは相性が合うんだと思う。過去世で親友とかだったのかもなぁ。 まあ一緒にいるとちょっとだけムカッとしたりもするけど(野菜に対して乱暴に触ってきたり…(汗) )、、、
でもやっぱりすごく大好きだ。なんて愛しいんだろうって思う。 
これからも、まあ基本姿勢として”つかず離れず”を保ちながら、出来るだけもっと仲良くなっていきたい。
6: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:53:55 ID:qrU
※ Tちゃんに対する私の態度は、自分で言うのも何だけどよく出来てると思う。大人としての態度。 
子供って言うのは「聞いて聞いて!」っていう承認欲求が強いから、私はTちゃんの話すことに丁寧に反応して頷いている。
「へぇ?そうなんだ!すごいねぇ!」 という感じに。いっぱい話を聴いてあげて、解ってあげる。 
過度に子供扱いしないで友達の様な感じで、でも優しくTちゃんの気持ちを理解してあげて、、、
けっこう「ステキなお兄さん」を演じれてるんじゃないかな。(まあ実際は、私もワーンワーン!って泣いてる様な寂しい人間なんだけどね(^_^;;) ) 
でもTちゃんと接する時には私は頑張って”おとな”になってる。苦ではないんだ。 
これも”修行”のような気がする。『相手の想いをキチンと受け止めてあげる』という修行ね。とても大切なこと。

・・・
Tちゃんのお兄ちゃんの小4のTKくんと私は相性が悪いと思う。向こうもそう感じているだろう。 
でもだからと言ってTKくんとは話さないというつもりは無い。TKくんとの関係も私にとっては大事だ。
Tちゃんも、TKくんも、同等に私にとっては大切な存在なんだと思う。

Tちゃんは私のことをすっごく癒してくれる。ホントに大好きな存在。(傷つけられたりもするけど)
TKくんは私に試練を与えてくれる。彼と話すのは緊張する。彼と上手くやっていくことは私にとって修行そのものだ。
2人とも、同等に大切なんだと思う。

この出会いはとても貴重なものなんだなぁと感じる様になってきた。 
今現在の私が抱えている心の問題を、2人はまざまざと突きつけてくれる。 
その度その度 私はキチンと自分と向き合って、とても大きくて辛い問題だけれど少しずつ乗り越えていきたいと思っている。

ありがとうございました。
7: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:53:59 ID:qrU
10: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:55:25 ID:qrU
つまり三行でいうと
自宅破壊動画で注目を集めsyamuチル扱いで動画転載されてたカツドンチャンネル(31歳童貞)
過去のブログのアーカイブスから上の文章が発掘
>>7の動画で認める
8: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:54:32 ID:GH6
よく分からんけど悩んでんなら自首したらええんちゃう
9: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:55:13 ID:knH
で、要約すると?
11: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:55:41 ID:bgs
まワ
12: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:55:44 ID:UQm
どうでもええけどそのEちゃんとやらに頭さげてあやまってこいや
13: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:56:26 ID:5yT
意味が分かんない
14: 名無しさん@おーぷん 2016/12/26 14:59:09 ID:qrU
上の文章を要約すると
昔幼女と楽しんで遊んでその後いたずらしました
今まで心苦しかったけど自分の中では許して神様は許してくれたんだろうなと思います
今は他の幼女(Tちゃん、家庭菜園の野菜をプレゼントしてた)と遊んでます
Tちゃんのお兄ちゃんとは仲悪いけどお兄ちゃんとも触れ合います